世界初のヘルペス薬であるゾビラックスの効果と飲み方

病院の機械

ゾビラックスは、バローズ・ウェルカム研究所で開発された世界初のヘルペス薬です。
現在ではグラクソ・スミスクライン社以外に数多くの製薬メーカーからも販売されている医薬品です。
ゾビラックスは、抗生物質のアシクロビルを有効成分とする抗ウイルス化学療法剤であり、体内でDNAポリメラーゼ阻害薬として作用します。

ゾビラックスは、体内でヘルペスウイルス由来と感染細胞由来のリン酸化酵素の働きにより、ヘルペスウイルスの核酸を構成するデオキシグアノシン3リン酸と酷似しているアシクロビル3リン酸に活性代謝されます。
活性代謝されたアシクロビル3リン酸は、酵素DNAポリメラーゼの働きによりデオキシグアノシン3リン酸の代わりに塩基配列に組み込まれます。
異常が発生した塩基配列は正常な複製及び伸長が不可能となり必然的にヘルペスウイルスの増殖が抑制されます。
ゾビラックスは、ヘルペスウイルスを直接死滅させる医薬効果が無く、治療に必要以上の医薬成分濃度を維持し続ける必要があり1日の服用回数が多い医薬品です。

ゾビラックスの飲み方は、単純疱疹の治療ではアシクロビル換算で200mgを1日5回服用し5日間程度服用を継続します。
帯状疱疹の治療ではアシクロビル換算で800mgを1日5回服用し1週間程度服用を継続します。
副作用は、ヘルペス治療薬の中では比較的少ない治療薬ですが、軽度の胃腸症状や皮膚症状及び頭痛などの症状を発症する事があります。

服用者の体質や既往歴によっては急性腎不全や重篤な精神症状、アナフィラキシーショックなどの副作用を発症する事があります。
ゾビラックスは、有効成分のアシクロビルが溶解度を超えると再結晶する事があります。
腎臓内で再結晶し細尿管の狭窄や閉塞を引き起こす急性腎不全の発症リスクの高い抗ウイルス薬です。
ゾビラックスは、痛風の薬のプロベネシドや胃の薬のシメチジンに加え、免疫抑制薬のモフェチルや喘息の薬のテオフィリンなどの医薬品との飲み合わせは副作用の発症リスクを高めるとして併用禁忌とされています。

ゾビラックスの主な副作用は?

ゾビラックスの副作用は胃腸症状や過敏症などの軽いものが主であり、重い症状が出ることはほとんどありません。
しかしヘルペス治療薬のなかでは比較的初期に開発されたものであるため、投与が過量になると副作用が出やすい傾向があります。
とくに高齢の人や子供、肝臓・腎臓の良くない人はこういった症状が出やすいために気を付ける必要があります。

ゾビラックスの副作用のなかでとくに多いのは胃腸症状です。
胃腸症状としては腹痛や下痢などが見られ、臨床試験と使用成績調査の結果では腹痛が見られた人が約0.22%、下痢が見られた人が約0.14%となっています。
胃腸症状ではこの他に吐き気や軟便などが見られることもあります。

ゾビラックスの副作用として急性腎不全になった場合には、尿量が減少したり尿が出なくなる、むくみやだるさなどが現れる、のどが渇いたり痙攣する、血圧が上昇するといった症状が出ます。
急性腎不全の症状が出ている場合、薬の飲み合わせによって起きる副作用も強く出やすいため、併用注意となる薬の服用や薬の飲み方には十分に注意しましょう。

この薬に対して過敏症の傾向がある人では、発疹や発赤といった皮膚症状が出やすくなっています。
過敏症の症状としてはこの他にも光線過敏や発熱、蕁麻疹、かゆみなどが起きる場合があります。
なお、ゾビラックスやその有効成分であるアシクロビルに過敏症の副作用が出たことがある人はこの薬を使用することが出来ないので注意してください。

頭痛やめまい、眠気なども比較的よく起こる副作用です。
肝臓や腎臓が良くない人ではこの薬の代謝が遅れがちになるので、こうした精神神経症状が出る場合には注意が必要です。
これらの副作用が出ている場合には効果との兼ね合いも考えながら服用量が増減されることもあります。
また、高所での作業や自動車の運転などをする場合には医師と相談する必要があります。